マクドナルドの消費期限切れチキンナゲット問題は博報堂の裏工作によるデマ 本当は問題のチキンは日本マクドナルドでは売られていなかった 博報堂が日本マクドナルドからイメージアップの仕事を受注するためのねつ造報道

    NO IMAGE

    元日本マクドナルド社員の告発です。
    9:30くらい
    マクドナルドのあのチキン事件の後、博報堂から日本マクドナルドにイメージアップの仕事を持ちかけ大量受注していました。

    火のないところにわざと火をおこしてイメージアップの仕事を受注
    それが博報堂のビジネスモデルです。

    裏付けで調べました。
    「品質期限切れ肉を出荷していた中国の工場は他への出荷も含めてマクドナルドのチキンナゲットの製造もしていた」
    と言うニュースは多数ありそれは事実と確認しましたが、
    「期限切れチキンを原料としたナゲットがマクドナルド店頭で販売されていた」
    というニュースは一つも見つかりませんでした。

    つまり水際で食い止めていたわけです。
    さらにこういうのも見つけました。

    Q;中国のチキンを中止したのは何かチキン製品に問題があったからなの?

    A;いいえ、問題があったわけではございません。2014年7月25日時点で、お客様のマクドナルドの中国産チキン製品へのご懸念が高まっていたことを受け、マクドナルドは、すべての中国製チキン製品の調達を中止し、タイ産に切り替えさせていただきました

    でも99%の人(こちらはみんな勘違いでしょう)と新聞(事実を知っていてわざと?)はマクドナルド店頭で期限切れチキンが販売されていたと思い込んでそう触れ回って、ますよね?それ博報堂の裏工作です。

    マクドナルドが信頼回復に要した施策の一部  所要費用 数千億円
    ほとんどの信頼回復キャンペーンは博報堂がもちかけて
    博報堂の売上額を増すために日本マクドナルドは生け贄にされました。
    マクドナルドのチキンナゲット問題は、博報堂のでっち上げによる自作自演(マッチポンプ商法)です。
    期限切れチキンナゲットの販売は最初からありませんでした。
    博報堂のやり方は表向き善人の顔をして、裏でとんでもないことをしている二重人格です。だから多くの人は「博報堂は清廉潔白な会社」と誤解しています。
    適当なことを言っているわけではない 関係者しか知らない内部情報を握っていてこの内部告発が本当という証拠。
    ↓↓↓
    チキン問題で大騒ぎだったとき、カサノバ社長が全国キャラバンで全国北から南まで
    全国の店舗いくつかピックアップして現場のモチベーション上げるため&お客さんから話を聞くためにまわってましたよね?
    さすがに店舗数多いから全部はまわりきれないので、各県数店舗づつ。
    その時のカサノバ社長の格好は接客もするので、マクドナルドの店のスタッフが着ている制服と同じでしたよね?
    全国の店舗の事前セッティング&演出業務、TBWA博報堂に委託してましたよね?
    これで内情を本当に知っていると信じてもらえました?>日本マクドナルドさん
    内情を知っている人が上のように内部告発しています。
    初めから期限切れチキン問題はありませんでした。
    危ないところでしたが、マクドナルドの品質管理体制&コンプライアンスはしっかりしていたので、
    問題を水際で食い止められました。
    チキン問題にあわせてすさまじい勢いのマスコミのカサノバ社長一斉砲火は博報堂の裏工作です。
    一例:
    それに比べて、博報堂のコンプライアンスは・・・。
    ちなみにTBWA博報堂の取締役 実際は影の実力者 悪の枢軸は毎度おなじみ
    西岡正紀
    です。
    staff_pic_07_pc.jpg
    不祥事発生現場にはいつもこいつがいます。
    悪事の総司令官です。
    それにしてもTBWA博報堂のホームページは見づらくて悪趣味なサイト。。。
    斜めになっていてかっこいいと思っているのかな ずれてる、、、
    デザイナーの自己満足。読んだ人の気持ちを全く考えていない。
    次回は、三菱自動車リコール隠しマスコミ一斉バッシングは博報堂の裏工作だった
    という話について書きます。
    あのすさまじい三菱自動車バッシングも博報堂がイメージ回復を受注するための裏工作です。
    三菱自動車の不祥事 テレビドラマ化したり映画化したり、バッシング徹底的にしたら音をあげて博報堂のお客さんになりましたね

    三菱自動車や他の会社のこと 博報堂社内では
    「カモ」
    「金づる」
    と呼んでいます。
    マクドナルドの事もそうですけどね。他にも被害者企業沢山います。

    マスコミ報道沢山されて企業ブランドに傷が付いた博報堂と取引ある企業さん心当たりありませんか?
    関連記事
    多くのお客さんは博報堂のマッチポンプ商法に騙されてお金を巻き上げられています。その事実が伝わって欲しいです。
    なお、これら不正はテレビ、新聞、雑誌は知っていても広告代理店 博報堂を忖度して、
    見て見ぬふりをして報道されることはありません。
    ↑博報堂がお客さんをマスコミ報道の嵐で半殺しさせた後、善人のフリして「御社のイメージアップのお手伝いをしましょう」と持ちかけ受注しているイメージアップ業務。
    ・・・早く博報堂経営陣は世間に世間に向けて土下座した方がいいと思うけどな・・・
    そうしないとこういうのがいつまでも続きます。
    某最大手保険会社も2社も弱気な相手とみて保険金払い渋りをしてをして、裁判手前で、顧問弁護士共々論破して、謝罪してきたと伝えておきます。>博報堂
    それにしてもアメリカ人やアメリカ資本の入った企業は怒らせると広告代理店相手でも、忖度せずに倒産に追い込むまで徹底的に訴訟するのに。こわこわ
    博報堂はそこまで覚悟の上でマクドナルドを騙したんですね 
    誰か、ここ読んだ人がCNN,Fox news,ABC news,NY times
    あたりに通報しないか心配です。
    このブログも以前日本のブログ運営会社では、広告代理店にとって都合の悪いこと書いたら速攻でアカウント削除され閉鎖されました。
    そこで米資系企業に移転したら、広告代理店に全く忖度されず、ブログ運営が続いています。

    twitter , facebook等で周囲に教えてあげましょう!

    ↓↓↓