博報堂グループのリストラニュースは少ないですが目立たないように嫌がらせ自主退職させて電通以上に人員削減しています ライフプラン選択支援制度は名を変えた実質的なリストラです【大広、読売広告社(読広/YOMIKO)も必読】

    NO IMAGE

    リストラニュースが出ないと安心している人多いようですが。

    この時よりも会社が傾いて経営危機なのにリストラしないはずがありません
    大広、読売広告社の方もライフプラン選択支援制度と名前が類似したものがないか見ておいて下さいね
    経営陣が高額報酬もらうためには、人員削減し社員が犠牲になる必要があります。
    博報堂グループでは批判を浴びないように一社からの役員報酬は抑えています。
    代わりに複数のグループ会社の役員を名義だけ兼任させて、合算で高額報酬を得ています。
    これを見ると分かります。
    リストラ面談時、退職強要など不正行為があっても、必ずあとで「いった」「いわない」という話になり、弁護士が中に入っても圧倒的に不利になります。
    必ずリストラ面談の音声は録音、詳細な日時もメモをしておいた方がいいです。
    1036289_s.jpg
    その他いやがらせと思われることが起きた場合、詳細日時と内容の詳細をメモに残しておいて下さい。
    改めて、、、
    労基署に相談しても広告代理店を忖度して知らんぷり 当てになりません。
    必ず弁護士に相談して下さい。
    (会社の労働組合も、会社のハラスメント窓口や顧問弁護士に相談しても無駄です。会社の味方です。人事局と深いつながりがあるのであなたの味方にはなってくれません。)