ブラック企業大賞実行委員会はペーパー団体(ダミー団体?)【ブラック企業大賞は電通攻撃のために博報堂が仕組んでいます ブラック企業大賞2020が発表されないのは博報堂の仕業とここで暴露されたのが理由】

    NO IMAGE

    http://chikyuza.net/archives/99968

    電通は完全に非の打ち所はないと言うつもりはありませんが、報道が異常に偏りすぎていると思って調べてみました。
    2019年の発表は12/23

    12/23(月)第8回 ブラック企業大賞2019 授賞式&シンポジウム(全水道会館)

    でも博報堂がブラック企業大賞を決めていると暴露したら、急に発表されなくなりました。
    今年は予想通りまだ発表されていません。
    不自然ですねー
    さらに
    ブラック企業大賞の実施主体である
    「ブラック企業大賞実行委員会」の事務局の住所を調べたら、
    上記のURLより
    【主催・連絡先】
    ブラック企業大賞実行委員会
    〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F 
    アジア太平洋資料センター(PARC) 気付
    TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453 

    「気付?」調べたら郵便物を転送するときに使う物とのこと。ペーパーカンパニーでよく使われる方法です。
    会社で言えばペーパーカンパニーで実態のないものです。
    さらにここに書かれている電話番号は アジア太平洋資料センター の物です。
    普通は実施母体(実施主体?)は発表していますよね?

    新語・流行語大賞の実施主体はユーキャン。
    普通は実施主体(実施母体)は積極的に明かします。

    でもブラック企業大賞の実施主体は不思議と全く報道されておらず、
    ネットのあちこち見てもそれを誰一人言及していないです。
    普通一人くらい言及しますよね?
    ブラック企業大賞のブログ記事など書いている人はネット工作員ではなくて、本当に一般人?

    アジア太平洋資料センタ- って何者?と調べました。(アジア太平洋広告祭とは無関係です。)


    ボランティア団体のようです。
    ボランティア団体がブラック企業大賞企画?
    労働団体、NPO、弁護士団体が主催なら分かります。

    この不審さ,ブラック企業大賞は博報堂が仕組んでいると指摘したら、発表もなりを潜めてちょっと前まであった企画委員会のサイトがさり気なく消えたと言うことの不自然さを考えて下さい。
    おかしいと思った人はあちらこちらにこの問題を拡散して下さい。

    これが博報堂お得意の世論誘導というやつです。
    ブラック企業大賞に限らず、世論誘導はあちこちで起こっています。
    与党攻撃もその一つです。

    野党は全て,広告を博報堂に委託しています。
    マスコミを総動員して、与党を攻撃して、与党を弱らせれば博報堂の手柄になります。
    与党側は電通を広告代理店として使っていますが、博報堂による電通攻撃の結果、電通のマスコミへの影響力が弱くなり、博報堂のやりたい放題となっているのが現状です。


    関連記事