【豆知識】博報堂の被害に遭われた方へ【訴訟テクニック ブラック企業大賞は電通よりも悪の組織、悪の枢軸博報堂がふさわしい】

    NO IMAGE

    日本で裁判起こして勝っても賠償金額は少なめです。

    重要なことを言います。
    日本では同一事件に対して複数訴訟を起こすことはできませんが、複数国の裁判所に提訴すれば、日本の判決結果と無関係に複数訴訟を起こせます。
    さらに日本の裁判では認められませんが、日本の金額は大企業にとっては痛くもかゆくもありませんがアメリカの裁判所にも提訴すれば懲罰的賠償金額 天文学的金額を請求でき、大企業相手でも、致命的な大打撃を与えることができます。
    仮に日本人や日本企業でもアメリカの裁判所で提訴はできます。エアバッグリコール問題でアメリカで訴訟を起こされ日本企業タカタが倒産に追い込まれたのがいい例です。

    日本の裁判システム上、低く抑えられ、仮に裁判に勝ったとしても、裁判費用や精神的苦痛を考えれば、やられ損になる事実はどうにもならないと思います。
    ほとんどの裁判で、予想より2桁、3桁、4桁くらい低く抑えられます。
    仮に勝ったとしても、赤字になるケースが大半だと思います。
    被害者が泣き寝入りをせざるを得ず、加害者が高笑いする日本の裁判事情の理不尽さについて、私もよく分かりました。

    私も納得しておらず、現実を知り愕然としましたが、その点は日本の裁判で争っても時間の無駄です。裁判で粘っても1ヶ月分の給与額に満たない程度の少額がお情け程度に上乗せされる程度でしょう。日本の裁判システム上仕方のないことだと思います。
    納得いかない方は国際弁護士を新たに探し、海外でも博報堂を訴えた方がいいです。



    博報堂相手に訴訟を検討されている方はご参考ください。
    例:
    余談
    調べて分かりましたが、電子レンジで猫をチンしてアメリカで高額賠償という話は都市伝説で、そんな事実はないみたいです。デマに尾びれついて広まったみたいです。