【直営】河口湖保養所(健保保養施設)の行き方のご紹介【博報堂健康保険組合/博報堂健保/博報堂けんぽ】

    NO IMAGE

    保養所の中の案内は、健保のホームページに任せたいと思いますが、こちらでは河口湖保養所の行き方、周辺観光地(富士五湖周辺観光案内を中心に近日公開予定)の紹介をします。

    河口湖保養所は温泉こそないものの、施設は一番立派です。
    各部屋に大きめのお風呂もついています。(ユニットバスではなく、立派なお風呂)
    44969391_8Qb-HJMX58GDPR8vIF38KHSeQ9_10-sRisOR-zcD1M4.jpg
    河口湖は山梨県の県庁所在地甲府市と離れており、天気もそことは全く違うので、事前に天気を確認する際はご注意ください。
    また予約の際、比較的抽選の競争倍率が高めです。
    これからは紅葉シーズン。
    紅葉というと栃木県の日光を思い浮かべる方も多いと思いますが、人が集中し、密になるのでそれほど有名でないスポットに行くのも良いかなと思います。
    河口湖では
    「河口湖紅葉まつり」
    「河口湖紅葉回廊」
    あたりを狙うのが保養所からもほど近く良いかと思います。
    <東京方面からのご案内(車)>
    富士山方面は東名経由と中央道経由 2パターンありますが、東名 御殿場ICとはだいぶ離れているので中央道 河口湖ICを使う方がよいと思います。
    中央鵜道は以前は、東京都内からはなかなか使いづらい一でしたが、最近、首都高中央環状線(C2)と中央道がつながったので,だいぶ行きやすくなりました。
    中央環状線の山手トンネルと西新宿JCT経由で中央道に入れます。
    000717831.jpg
    ちなみに最近、圏央道が八王子近辺で中央道と接続したので、埼玉、茨城、千葉、神奈川にお住まいの方はそちらを利用してもよいかもしれません。
    中央道を走ると調布ICの少し先、国立府中ICの手前あたりにJRA東京競馬場(府中競馬場)やサントリー武蔵野ビール工場を横目にそのまま進みます。
    (松任谷由実(ユーミン)の中央フリーウェイという歌はこのあたりのイメージなんでしょうね)
    そのまままっすぐ行くと八王子料金所があるので、ETCを積んでいればそのまま進みます。
    八王子から先は登坂車線が続きます。
    page1_map.gif
    途中の談合坂SAは東名高速海老名SAに次ぐ規模なのでここで一休みするのも楽しいと思います。
    そこを抜けると大月JCTがあるのでそちらを河口湖という方面に向かいます。
    jct.jpg
    *写真は上り車線で左右逆ですのでご注意ください
    河口湖に向かう途中、山梨リニア実験線(後のJR東海中央リニア新幹線)の立体交差をくぐると富士山の絶景、そして富士急ハイランドのジェットコースターが見えてきます。
    そこまで行けば河口湖IC出口はすぐ近くです。
    河口湖ICから先は、東富士五湖道路とつながっているので、間違ってそちらに行かないように気をつけてください。
    そちらは山中湖や須走、御殿場に抜けるとき使います。
    kawaguchi.jpg
    もし昼食がまだならば、ここがおすすめです。
    甲州ほうとう小作
    ここのかぼちゃほうとうがおすすめです。
    kabochah.jpg
    河口湖ICすぐ近くに河口湖駅、富士山駅がありますが、そちらの方向ではなく、河口湖湖畔に博報堂河口湖保養所があります。
    場所はここです。
    外には案内表示がないのでご注意ください。
    ブルーベリーの里河口湖自然生活館が近くにあるので、そこを目印に来ても良いかと思います。
    中にはソフトクリーム売り場と軽い喫茶スペースがあるので時間があるようならばそこで時間を潰すのも良いかと思います。

    http://www.fkchannel.jp/naturelivingcenter/

    b1a26453a989bd5dd0ffcb96912d2eb4.jpg