【帝国データバンク監修】“倒産しそうな会社”に共通する6つのチェックポイント【博報堂DYアイオー被告、博報堂被告 現在元従業員に訴えられている】

    NO IMAGE

    【帝国データバンク監修】“倒産しそうな会社”に共通する6つのチェックポイント

    【ポイント1】トップの人たちが相次いで退職する

    【ポイント2】過度な経費削減が言い渡される

    【ポイント3】上司が頻繁に離席している

    【ポイント4】同業他社の間で悪いウワサが広がっている

        広がっています。

    【ポイント5】不審な人物の出入りが増える

        反社会的勢力が入り込んでいると小耳に挟みましたが。

    【ポイント6】社長が居留守を使っている

        博報堂DYアイオー社長、役員と電話をつなぐように依頼しても,社長、居留守を使って逃げ回っていました。
    以前、博報堂DYホールディングスの株主として、社長もしくは役員との面談を申し込みましたが、居留守を使われました。(もう株売ってしまいましたが)
    *上場株式会社はちょっとでも株を取得すると会社のオーナー扱いになり、上司や役員よりより立場が上になれます。決議事項等は多数決ですが、1株でも持っていれば物言う株主として役員に注文をつけられます。
    役員は株主権利 執行代行者です。

    退職に追い込まれた方は。博報堂DYホールディングスの株を取得するか、博報堂のお客さん側に入り込むのが有効です。
    広告代理店といえどもお客さんの立場が絶対的に上になります。
    参考 株主権利
    >そもそも代理店というのは「サービス業」。客からの要求が何であろうと受けなくてはいけない。「できません」と言った途端、別の代理店に業務を切り替えられることもままある。

    関連記事

    総額7億円詐取か 容疑の博報堂系元社員 (博報堂DYM元社員逮捕 中島真毅容疑者CM製作費詐取架空発注事件)ら逮捕 CM制作架空発注