【就職してびっくり】退職代行サービスのご紹介【広告代理店博報堂はどんな会社?】

    NO IMAGE

    https://www.youtube.com/watch?v=5keWUHVIKe4

    【しくじりブラック企業】退職代行サービスでも辞められない。ブラック企業の“辞めさせない卑劣な手口”
    私の経験的に博報堂DYグループを退職するときは高い確率で、常軌を逸した退職引き留めに合うと思います。
    私自身、退職は過去何回も転職したので分かりますが、博報堂DYグループの強引な退職引き留めは常軌を逸していたので驚きました。
    ストーカーに追いかけられるというのはここまで恐怖を感じるということがよくわかりました。
    退職の際は、民間の退職業者ではなく、「弁護士」の行っている退職代行サービスを利用した方がいいです。
    3~5万円くらいかかりますが、安心料です。
    普通に退職を申し出ると、退職されては困る人材の場合、会社の顧問弁護士より、「退職により会社が被った損害賠償請求訴訟をする」と脅してくることが予想されます。
    訴訟となった場合、民間の退職代行業者は対応不可能です。
    あと過去、周りでみてきた経験的に労働基準監督署は当てになりません。
    やれることは口頭等で注意をするだけで、会社側が注意を無視すればそれで終わりです。
    (もうちょっと労基署は、毅然と対応して欲しいものですが、頼りない、、、と言う私の感想です。)
    最終的に「自分の身は自分で守る」と言うことが大切だと思いました。
    弁護士は誰でもいいというわけではなく、弁護士にも得意分野という物があります。
    退職代行に手慣れた弁護士を探して、博報堂DYグループ内部にいる人は、逃げ出すことを強くおすすめします。
    昔知人で、退職を会社に申し出たら、重要ポストへの昇進を提示されて、残ったら確かに昇進した物の「責任者」と言うことで全ての罪を押しつけられて、参考人として警察まで呼ばれた人がいました。(事情を説明して不起訴になったようですが)
    上は、はしごを外して一目散に逃げ出したようです。(はしご外して逃げ出すは博報堂の得意技です。)
    その人は刑事罰は受けなかった物の婚約破棄されてしまいました。
    博報堂と関わることは、リスクが非常に高いです。
    今まで勤めた会社の退職には躊躇あるかもしれませんが、人生を棒に振ってしまっては元も子もありません。
    スキャンダルが広がる前の今ならまだ元博報堂という箔がつくかもしれませんが、スキャンダル広がった後になると元博報堂というのは黒歴史となり転職に大きな悪影響が発生し人生終了です。
    辞めるなら今しかありません。