ネット工作員(業者)は本当にいる【世論誘導も/博報堂御用達】

    NO IMAGE

    都市伝説ではなくて。 

    https://megalodon.jp/2015-1108-0441-09/blog.livedoor.jp/itsoku/archives/46838191.html

    上のはまだおとなしい方 
    ・ライバル企業のバッシング
     電通などへの一方的なバッシングがそうですね 
    ・わざとクライアント企業をマスコミに徹底的にバッシングさせ、博報堂はクライアントに火消し業務を持ちかけて、受注
    自作自演=マッチポンプ 詐欺ですね これは世間からものすこく博報堂バッシングされそうですね 
    広告代理店は本業の広告取次だけやっていればいいものを、ネット広告化が進んだけど、ついていけず他に稼ぎ頭がいないから、こういう反社会的な業務に多角化しています。 
    この中には誰もが知っている企業なども多数カモにされてます。
    炎上が起きた時、自然発生の炎上だけでなく博報堂がわざと炎上をさせている可能性を考えてください
    ・ネット企業に圧力をかけて博報堂に都合の悪い書き込み等を多数消させている 
    また博報堂にとって都合の悪い書き込みをした人のアカウントをBANさせている
    これ非常に多いです。 博報堂の内部告発文書を掲示板やらSNSに書き込みして、書き込み文書削除やアカウントBAN食らった人はこれが本当だと言うことは分かりますよね?
    ほとんどのネット企業は博報堂グループの権力に怯えて、博報堂グループの言うがままです。
    権力を誇示する目的で、顎で意味もなく呼びつけられた企業さん、私は何十社も知っています。
    みていて驚きました。
    たいして能力もないくせに威張り散らして何様?と。
    呼ばれた会社さん、みんな顔引きつっていて作り笑い、、、どの会社からも博報堂グループは嫌われていた 「みんなの嫌われ者博報堂」と分かります。
    それを長年見抜けていない経営陣はかなり痛いですが。
    国内企業はほぼ押さえられています。
    ここのブログはアメリカにサーバーがあるアメリカ企業fc2です。 
    国内企業ブログで内部告発したら、圧力で即削除されているでしょう。
    海外までは博報堂の手が及びづらいので。 
    広告代理店の権力(圧力)は想像以上に強力です。 
    マスコミはもちろんのことネット企業や行政に対しても圧力をかけそれらも広告代理店の言いなりです。
    世論などもマスコミやインフルエンサー、ネット企業に圧力をかけて自然にできてるように見えて広告代理店の一部権力者が作り出しています。
    広告代理店が日本全体をかき乱しています。
    個人的に広告代理店は単なる広告取次だけの一企業
    そんな企業が権力持ちすぎて異常だと思います。
    テレビや新聞がメディアがメインだった時代ならまだしも、今はそれらメディアはネットに負けて、凋落しています。
    総合広告代理店としての優位性はもう何もないので、この支配の構図、それが通用する時代は終わったと思います。
    ---------------—
    参考
    博報堂内でITやネットの分かる人間は愛想尽かして次々退職して、分かる人は今はほとんどいません。
    それを外に気づかれるとメンツが潰れ、誰からも相手にされなくなるので、博報堂のHPに掲載されているのITに詳しそうなコラム等は、外部のゴーストライターに代筆してもらっています。
    中にはITの分かる人はもうほとんどいません。ネット広告の牽引役ではありません。
    ---------------—-
      
    闇営業問題も博報堂が関わっていたか情報がないのでなんとも言えませんが広告代理店の関与です。
    この話は広告代理店が周りに圧力かけて世間にほとんど報道されていません。
    有名な広告代理店の仲介だから安心と思っていった芸人 まさかのオレオレ詐欺集団が紹介先。
    それも芸人は闇営業後も気づかず、闇営業のニュースを見て初めて気づいたくらい。
    闇営業=副業については吉本の内規に反していたことはフォローできない物の、オレオレ詐欺集団相手だったことについては叩かれるのは芸人ではなく、広告代理店だと思います。
    様々な博報堂の不条理に腹わた煮え繰り返ってる企業さんも多いと思います。
    でも逆らうのは怖いと思っている企業さん多いと思います。 
    でも、対応は簡単です。 
    博報堂グループと取引をやめて他の広告代理店に乗り換えることです。
    見せしめ的に博報堂グループみたいにとんでもないことをすると同じようになるよと牽制球を投げれば(見せつければ)他社も襟を正すと思います。
    広告業界全体的に世間常識からみて、あれっ?てこと多いですが、博報堂グループを反面教師として他企業も襟を正してもらいたいと思っています。
    広告業界全ての企業が世間の常識に照らし合わせて「普通」になって欲しいと思っています。
    外部から何か言われるまでもなく自主的に襟を正すのが一番です。