思い出したこと。

    NO IMAGE

    (株)博報堂DYアイオー の社長、役員、計画管理室長は100%

    (株)博報堂からの出向者で、社内で行われるあらゆる事はほぼ全て(株)博報堂からの指示です。
    もちろん、「労災隠し」「粉飾決算」各種パワハラも(株)博報堂からの指示と思われます。
    子会社が本社博報堂からの指示に背いて勝手に暴走することは考えられません。
    あともう一つ思い出したこと、
    2018年6月28日 無給休職前のパワハラ面談で、社長か計画管理室長か、どちらか忘れましたが、会社側に「((株)博報堂)監査室に訴えても無駄だけどね」と意味深な不敵な笑みを浮かべていました。
    実際機能していなかったので、本当は別の業務をしていたと思われます。
    (株)博報堂のそれなりの地位から出向していた人がいっていたので、詳しくは分かりませんが、ほぼ間違いなく何か秘密があると思います。
    外向きにはクリーンなイメージですが、外からのイメージと中を見た人が知っている博報堂
    は大違い。
    反社会的なことをたくさんしているというと、強面な暴力団をほとんどの人は連想すると思いますが、実際は大違い ハリボテで実は中はひ弱。
    自信に満ちたようにいろいろHPで書いていますが、実はかなりびびりばかり。
    在職中も社長や役員に軽くツッコみいれるとみんな震えて、怖がって逃げ出してました。
    何言われるか?、みんないつもビクビクしてました。
    広告代理店 イメージ作りが本業だけあって、自信に満ちた人の集まりで、クリーンなイメージと180度違うイメージ作るのはものすごくうまいです。
    みんなはったりに騙されています。
    博報堂は今間違いなくびびっていますが、周りにそれを見せてイメージ崩れるのを恐れて無理して強気の演技をしています。
    フォローしておくと現場は不正とは無縁で真面目な人が多いです。