博報堂グループ 労災隠し、粉飾決算事件の経緯公開

    NO IMAGE




    不正、パワハラ経緯が複雑すぎて分かりづらいので、時系列順にまとめました。

    以下、経緯です。


    2018/6/28(木)

     突然、博報堂DYアイオー 薗部社長と安田常務取締役より

     パワハラ口止め脅迫を散々受け、翌日から無給休職命令を受ける。

     (議事録参照)

    抗議するも2人は無視。


    *スキャナーで取り込んだ証拠議事録参照

    ちなみにこの時の議事録は私でなく会社作成のため、証拠能力はあると考えます。

    (通常、証拠となる文書を作成するのは会社側が不利になるため、常識的にあり得ませんが、

    広告代理店相手に公開するはずはない 泣き寝入りするに決まっている という慢心が

    会社ににあったため?このような証拠を会社自ら、作成してくれました。)

     

    2018/6/29(金)

    無給休職この日より開始。

     

    2018/7/2(月)13~14時

     (株)博報堂 人事部直下組織 ハラスメント相談室(博報堂DYグループ全社員対象と以前より案内書面を通知されていた)に出向き経緯を説明し、相談

     

    2018/7/17(火)

    2018/6/28の議事録文書が博報堂DYアイオーよりゆうパックにて送付される。

    同日、議事録をスキャナーで取り込みハラスメント相談室にメール送付。

     

    2018/8/2(火) 於 赤坂21F2106扉 入って一番手前の左側の会議室

     赤坂 (株)人事部直下 博報堂ハラスメント相談室から呼び出しを受け他。前回の担当者2名に加えその上司である男性責任者も同伴。

     その男性責任者より、精神的に異常があることにしろ、周りに漏らすなと威圧的な態度

    で脅しを受ける。

    博報堂グループぐるみの組織的ハラスメント隠蔽と判明。

     IMG_0283.jpg

     

    その後何度も博報堂DYアイオー社長及び所属部署部長の住谷氏に、

    メール連絡するも全て無視され、電話をしても居留守を使われ取り合ってもらえない。

     

    20196月 20日前後

    父親と一緒に博報堂DYアイオー豊洲本社訪問。

     打ち合わせには女性2名参加。給与がないのはおかしいと抗議したが肝心の当事者薗部社長が一切現れず、話かみ合わず。

     

     

     

    2019年8月末

     会社の人間は全員無視して、どうにもならず、自主退職。

     2018年3月の決算賞与8万円以外(これは支払いが就業規則で決まっていたので、仕方なく会社側は支払ったと思われます。)、会社は一切給与支払いを拒否。

     

    2020/4/2(木)

    博報堂DYアイオーに不払い給料を支払うように弁護士経由で内容証明郵便送付

    同時に支払わない場合は法的手続きを検討する旨通知


    IMG_20200810_0002.jpgIMG_20200810_0003.jpg


    2020/4/7(火)

    博報堂DYアイオーより支払い拒否する旨回答あり。

    IMG_20200810_0004.jpg

    2020年8月3日

    博報堂及び、博報堂DYアイオーを提訴

    第一回公判 於 東京地裁

     

    2020年8月現在

     博報堂が圧力をかけているのか分かりませんが、採用に意欲的だった企業が、

     次々と不自然に採用拒否をし、仕事及び収入のないまま、現在に至る。

     

    以上の通り、突然提訴して不意打ちを与え博報堂側を驚かせたわけではなく、非常に時間をかけて順序を踏見ましたが、博報堂側が提訴して欲しいと言う意思表示をし、訴訟になりました。