【内乱罪(最高刑:死刑)/盗聴魔】中国共産党工作員:余宮孝一 電通と博報堂を激怒させた愚民 面倒なことに巻き込まれる覚悟のある方のみ口を利いて下さい【売国奴】

2022卒/2023/2024卒 マスコミ業界・広告業界 、全業界 理系文系別 就職偏差値、就職難易度ランキング

博報堂DYグループ上層部の方へ 各種不正告発記事ですが、再度公開しました 再度、自分の実名で検索するとネットに再表示され…

このサイトに対する苦情は

東京都多摩市落合

余宮孝一

まで力いっぱいお寄せください。

街宣車集結場所 ↑↑↑

社会的抹殺もご自由にどうぞ

調査の結果、非常識とも思える博報堂を含めた様々な企業の悪質な行動は

株主 「余宮孝一」企業乗っ取りによる、経営陣への圧力(恫喝/脅迫)によるものと判明しました。

全責任は、「余宮孝一」にあり、罪を償わせる必要があります。(精神的苦痛を含む)損害を受けた方におかれましては、「余宮孝一」氏への刑事告発をオススメします。

・・・今までずっと解せなかった謎。

金の亡者なのに、なぜか、正反対の共産主義、社会主義、中国志向の様々な行動

昔からネット志向が強く、既存メディアに全く興味がなく、よって総合広告代理店にも興味がなく、興味があるのはお金のみ。
昔から、総合広告代理店見下す発言多数
でも乗っ取り。

何が目的?

いろいろやって、株価を上げても、新興企業でなく成熟企業では儲けはわずか。

それほど興味のない企業で、労力の割に、あまりお金儲からないのに、投資のうまみあるのかなぁ?金の亡者の余宮孝一氏のやり方にしてはそれほど株では儲からないのに不可解。

頭抱えていましたが、調査して、やっと理由判明しました。

中国共産党工作員と判明し、今までの数々の不可解な行動全てに一本筋が通りました。

中国共産党の世論工作、、、その謝礼としてのお金目的。
その為、総合広告代理店乗っ取り。総合広告代理店乗っ取れば世論誘導楽に出来ますからね。
乗っ取りと言っても、大金は必要ありません。

恫喝に弱い会社を見つけたら、ちょっとだけ株を買い経営陣を恫喝/脅迫して、言うことを聞かせる。
博報堂が初ではなく、昔から、あちこちの会社にしている常習犯です。

だから、手の内 計画は、簡単に読めます。

現状、どのマスコミも、政治家も恐れていて総合広告代理店の言いなり。

つまり、恫喝に弱い会社さえ見つければ、少ない資金で、日本まるごと押さえられるわけです。
悪知恵だけは働く・・・もう年齢的に更正は無理ですが。

史上稀にみるレベルの危険人物です。二度と関わらない方がいいです。
そして落ちた企業イメージを回復する唯一の方法は、被害者として、刑事告発 または 公安に公益通報し、この事実をメディアを使い大ニュースにし、世間の怒りの矛先を余宮孝一氏に向けることです。日産のゴーンさんと同様です。

加害者=中国共産党の手先 余宮孝一 被害者=博報堂

と世に広く周知。
これで傷ついたイメージを回復できます。

2022卒/2023/2024卒 マスコミ業界・広告業界 、全業界 理系文系別 就職偏差値、就職難易度ランキング
現代ビジネス

伝説のボクサー、モハメド・アリが闘病していたイメージがあるが、馴染みの薄い病気かもしれない。だが、決して他人事ではない。…

民事の場合は、個人に捜査権がないため、調べればすぐに分かる相手が否定した場合、強制的な取り調べ>自供 を取ることができずこの人物の場合、悪知恵だけは働き、あーいえばこーいうで徹底的に逃げ、不法行為の立証が非常に難しく、勝率は10%程度です。また、仮に民事訴訟で勝ったとしても損害賠償額も民事訴訟全般的に低く、勝っても弁護士費用を考えると赤字になる可能性が非常に高いです。

以上の理由により、民事訴訟より、刑事告発を強くおすすめします。

NHK クローズアップ現代 全記録

【NHK】1月11日に行われた台湾総統選の背後で、世界の覇権を巡り争う米中がしのぎを削っていた。中国が台湾に対し、サイバ…

台北大学 沈伯洋 准教授
「中国のやり方は非常に巧みで、フェイクニュースを作り、資金を提供すれば、カネが欲しい台湾の人が拡散してくれます。そうすることで台湾の人々を分断させることができるのです。」

公安調査庁のウェブサイト…

調査結果 ↓
余宮孝一氏の妻の父親は中国共産党上海地区統括?の幹部 そこを足掛かりとして中国共産党との接点が出来ました。
日本での工作活動の謝礼として、多額の金銭と家族名義で上海市内に数棟のマンションを中国共産党より授受しています。
以上のことは、公安調査庁が調査に入れば事実と分かり物的証拠もでてきます。

上のことは、憶測ではなく、一喝したら本人ぷるぷる震えながらが自分の口で白状した事実です。(声が大きいだけで本当は弱虫。一番最初に大声で威嚇してきますが、そこでひるまずケロッとした顔していれば、もう吠えてこなくなります。飼い犬(子犬)と同じです。一番最初吠えてすぐに飼い主がびびれば調子に乗って、吠える威嚇はずっと続く、、、最初に堂々としていれば、びびってもう二度と吠えてこなくなる、どころか怖がって逃げ回る。目を合わせると余宮孝一氏は怖がって目が泳ぐレベルの弱虫。。。最初が肝心!)

公安が調査すればすぐに裏が取れます。

キャンキャン吠える子犬と同じ。みんなそんなに怯えることないです。

追記:余宮孝一に警告!

   余宮孝一のくせに生意気です。

   反抗的な態度を取るとさらに強力に事実を拡散します。

   yomiya.site (サイトオープン検討中)

参考

見逃したり、見て見ぬ振りは日本にとって危険

時事ドットコム

【ロンドン時事】2日付の英紙タイムズは、ロシアによるウクライナ侵攻の直前に、中国がウクライナに大規模なサイバー攻撃を仕掛…

クーリエ・ジャポン

ウクライナの首都キエフ近郊イルピンで、退避しようとしていた母親と子供2人が、米紙「ニューヨーク・タイムズ」の取…

他国の例を見ていると分かりますが、中国が他国を支配する方法はミサイルを使うことが減少してきており、代わりにメディアを抑えて、自国寄りの世論誘導工作をして、自国寄りの政権を作ったり、金をばらまいたりして実質的に支配することが多いです。香港も今その状態ですね。

現状、各メディア(ネットメディアも含む 心当たりのある企業もいますよね?)や政治家の多くも、思考停止して、総合広告代理店の言いなりになっているので、総合広告代理店を抑えれば日本全部支配できますね。

現代戦は、戦車をだしたりミサイルを撃ち込むこともなく、表面上、何事もなく平和と誤解されがちで、国際的に非難されることが少ないです。

頭脳戦なので、油断していると危ないです。中国は平和ボケしていると、大変危険な、したたかな国です。

単なる一変人が暴れているだけ、と軽く見て見ぬふりをしていると日本が大変なことになります。

余宮孝一を放置することは、日本の香港化を意味します。

77条(内乱)国の統治機構を破壊し、またはその領土において国権を排除して権力を行使し、その他憲法の定める統治の基本秩序を壊乱することを目的として暴動をした者は、内乱の罪とし、次の区別に従って処断する。

  • 一 首謀者は、死刑または無期禁錮に処する。
  • 二 謀議に参与し、または群衆を指揮した者は無期または三年以上の禁錮に処し、その他諸般の職務に従事した者は一年以上十年以下の禁錮に処する。
  • 三 付和随行し、その他単に暴動に参加した者は、三年以下の禁錮に処する。
第六条の二 次の各号に掲げる罪に当たる行為で、団体の活動として、当該行為を実行するための組織により行われるものの遂行を共謀した者は、当該各号に定める刑に処する。ただし、実行に着手する前に自首した者は、その刑を減軽し、又は免除する。

一 死刑又は無期若しくは長期十年を超える懲役若しくは禁錮の刑が定められている罪 五年以下の懲役又は禁錮
二 長期四年以上十年以下の懲役又は禁錮の刑が定められている罪 二年以下の懲役又は禁錮

各企業様へ>余宮孝一氏が中国共産党の工作員であることが判明した今、これ以上、余宮孝一氏に怯えて命令に従うことは、内乱罪の共犯として刑法で処罰されることがありえます。言うことに従わない/関わらない方が良いと思います。

2022卒/2023/2024卒 マスコミ業界・広告業界 、全業界 理系文系別 就職偏差値、就職難易度ランキング

電通、博報堂激怒!

大広

読広(読売広告社)

DAコンソーシアム(DAC)

資産総額

出生地

年収

就職偏差値(就職難易度)

河口湖保養所、伊東保養所、博報堂軽井沢クラブの充実度

人間ドッグの有無

確定拠出年金の有無

企業年金の有無

【人事】D.A.コンソーシアムホールディングス(2018年6月26日)
D.A.コンソーシアムホールディングス
ⅱ.広告
(2018年11月18日)

取締役、グローバル戦略センター長、 相坂勇人  >

取締役、 高梨秀一  >

取締役、 辻輝  >

取締役、 安藤元博  >

取締役、 青木雅人  >

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2013年10月1日)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース
(2013年10月01日)

第二営業部M、 鈴木祐宏  >

第六営業部M、 星合知長  >

シニアM(第八営業部M) 佐々木悠哉  >

同、 小林武帥  >

第八営業部M、 斎藤健  >

〔メディア本部〕

シニアM、 岡部耕司  >

メディア企画推進部M(スマートデバイス業務推進部M) 上田周平  >

スマートデバイス業務推進部M、 佐瀬博久  >

第一メディア部M(第四メディア部M) 笠原有  >

第二メディア部M、 井上孝恵  >

第三メディア部M、 村上祐  >

第四メディア部M(第一メディア部M) 脇幸大  >

〔e―ビジネス本部〕

本部長兼ソリューション営業部M、 山口哲央  >

データ分析部M、副本部長、 遠矢行史  >

プロダクト&サービス開発部M、 矢戸政法  >

退任(取締役) 紺野俊介  

【人事】D.A.コンソーシアムホールディングス(2017年6月27日)
D.A.コンソーシアムホールディングス
ⅱ.広告
(2017年06月27日)

取締役(副社長) 紺野俊介  >

取締役、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム取締役、 ジェイムス・ブルース  >

取締役、 横山淳  >

退任(取締役) 五十嵐真人  >

退任(取締役) 麻生巌  >

【人事】D.A.コンソーシアムホールディングス(2017年6月27日)
D.A.コンソーシアムホールディングス
ⅱ.広告社長人事
(2017年06月27日)

社長(取締役) 島田雅也(しまだまさや)  >

出身地:北海道

取締役(社長) 矢嶋弘毅  >

【人事】D.A.コンソーシアムホールディングス(2016年10月3日)
D.A.コンソーシアムホールディングス
ⅱ.広告社長人事
(2016年10月03日)

社長、 矢嶋弘毅  >

副社長、 紺野俊介  >

専務、 徳久昭彦  >

専務、 大塔達也  >

取締役、 島田雅也  >

取締役、 永井敦  >

取締役、 三神正樹  >

取締役、 五十嵐真人  >

取締役、 野沢直樹  >

取締役、 西村行功  >

取締役、 麻生巌  >

常勤監査役、 寺井久春  >

常勤監査役、 森嶋士郎  >

監査役、 西岡正紀  >

監査役、 水上洋  >

監査役、 大塚彰  >

グループ経営企画ユニット長、 上原直人  >

グループ経営企画ユニット副ユニット長兼社長室長兼内部監査室長、 北浦啓子  >

グループ経営企画ユニット副ユニット長兼経営計画室長、 加藤達雄  >

グループ経営企画ユニット副ユニット長、 吉本剛  >

グループ経営管理ユニット長、 鈴木誠  >

グループ経営管理ユニット副ユニット長兼人事総務部長、 貞岡裕達  >

グループ経営管理ユニット副ユニット長兼経理財務部長、 今村公彦  >

グループ情報システムユニット長兼第二情報システム部長、 林直樹  >

テクノロジー&データ戦略センター長、 手塚圭一  >

テクノロジー&データ戦略センターフェロー、 渡辺隆広  >

グローバル戦略センター長、 北爪宏彰  >

グループ経営企画ユニットグループ管理室長、 豊義人  >

グループ経営管理ユニット法務部長、 田付慎治  >

内部統制室長、 立石千佳  >

グループ情報システムユニット第一情報システム部長、 森永悠太  >

テクノロジー&データ戦略センターテクノロジー&データ企画部長、 小林武帥  >

テクノロジー&データ戦略センター広告技術研究室長、 永松範之  >

【人事】D.A.コンソーシアムホールディングス(2016年10月3日)
D.A.コンソーシアムホールディングス
ⅱ.広告社長人事
(2016年10月03日)

社長、 矢嶋弘毅  >

副社長、 紺野俊介  >

取締役、 徳久昭彦  >

取締役、 大塔達也  >

取締役、 島田雅也  >

取締役、 永井敦  >

取締役、 三神正樹  >

取締役、 五十嵐真人  >

取締役、 野沢直樹  >

取締役、 西村行功  >

取締役、 麻生巌  >

監査役、 寺井久春  >

監査役、 森嶋士郎  >

監査役、 西岡正紀  >

監査役、 水上洋  >

監査役、 大塚彰  >

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2021年6月下旬)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース
(2021年06月01日)

取締役、 江花昭彦  >

常勤監査役、 三神正樹  >

執行役員(取締役兼執行役員) 豊福直紀  >

退任(取締役) 野沢直樹  >

退任(常勤監査役) 森嶋士郎  >

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2021年4月1日)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース
(2021年04月01日)

コーポレート統括(アドミニ・ストラテ統括)専務兼執行役員兼CFO、 大塔達也  >

パートナーアカウント・メディアオペレーション統括(メディアソリューション・第二アカウント統括)常務兼執行役員、 田中雄三  >

メディアオペレーション統括補佐(第二アカウント統括補佐兼パートナービジネス本部長)取締役兼執行役員、 豊福直紀  >

コーポレート統括補佐(ストラテ統括補佐)取締役兼執行役員戦略統括本部長、 上原直人  >

博報堂デジタルイニシアティブ・パートナーアカウント統括補佐(メディアソリューション統括補佐)執行役員プラットフォームストラテジー本部長、 岡部耕司  >

コーポレート・メディアオペレーション統括補佐(アドミニ統括補佐)執行役員経営管理本部長、 貞岡裕達  >

博報堂デジタルイニシアティブ統括(第一アカウント統括補佐兼博報堂デジタルイニシアティブ本部長兼グループデジタルイニシアティブ本部長)執行役員、 石川直樹  >

パートナーアカウント統括補佐(第二アカウント統括補佐)執行役員、 中野豊  >

パートナーアカウント統括補佐兼パートナービジネス本部長(メディアソリューション統括補佐兼ソリューションサービス本部長)執行役員、 小林武帥  >

執行役員パートナーアカウント統括補佐、プロダクト開発本部長、 斎藤充  >

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2020年6月下旬)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース
(2020年06月01日)

取締役、執行役員、 手塚圭一  >

取締役、 菅井陽司  >

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2020年4月1日)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース
(2020年04月01日)

第一アカウント統括(アカウント統括)副社長兼執行役員兼COO、 相坂勇人  >

メディアソリューション・第二アカウント統括(メディア・ディベロップメント統括兼メディアソリューション本部長)常務兼執行役員、 田中雄三  >

第二アカウント統括補佐(アカウント・メディア統括補佐)取締役兼執行役員、 豊福直紀  >

執行役員メディアビジネス基盤開発担当、取締役、 安藤元博  >

内部監査担当(ストラテ統括補佐兼戦略統括本部副本部長)執行役員、 北浦啓子  >

プロダクト統括兼メディアソリューション統括補佐(ディベロップメント統括補佐兼プロダクト開発本部長)執行役員、 手塚圭一  >

メディアソリューション統括補佐(アカウント統括補佐)執行役員トレーディングデスク本部長、 岡部耕司  >

第一アカウント統括補佐(アカウント統括補佐兼第一営業本部長)執行役員、 石川直樹  >

執行役員第二アカウント統括補佐(第三営業本部長) 中野豊  >

執行役員メディアソリューション統括補佐兼第二メディアソリューション本部長(メディアソリューション本部副本部長)ソリューションサービス本部長、 小林武帥  >

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2019年4月1日)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース
(2019年04月01日)

グローバル統括補佐(海外拠点統括担当補佐)執行役員、 大丸充雄  >

グローバル統括補佐(グローバルビジネス統括担当補佐)執行役員グローバルビジネス本部長、 菅沼道彦  >

ストラテ統括補佐(戦略統括担当補佐)執行役員戦略統括本部副本部長、 北浦啓子  >

ディベロップメント・イノベーション統括補佐(ソリューションサービス担当補佐)執行役員プロダクト開発本部長、 手塚圭一  >

アカウント統括補佐(トレーディングデスク担当補佐)執行役員トレーディングデスク本部長、 岡部耕司  >

アドミニ統括補佐(経営管理・セキュリティマネジメント担当補佐)執行役員経営管理本部長、 貞岡裕達  >

執行役員アカウント統括補佐兼第一営業本部長、 石川直樹  >

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2019年4月1日)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース
(2019年04月01日)

アカウント・グローバル統括(グローバルビジネス・海外拠点統括担当)副社長兼執行役員兼COO、 相坂勇人  >

執行役員イノベーション統括兼イノベーション統括本部長、専務兼CMO、 徳久昭彦  >

執行役員アドミニ・ストラテ統括、専務兼CFO、 大塔達也  >

メディア・ディベロップメント統括兼メディアソリューション本部長(ソリューションサービス担当)取締役兼執行役員、 田中雄三  >

アカウント・メディア統括補佐(メディアサービス担当兼ブランドマーケティング本部長兼メディア本部長)取締役兼執行役員、 豊福直紀  >

ストラテ統括補佐(戦略統括担当)取締役兼執行役員戦略統括本部長、 上原直人  >

アドミニ統括補佐(経営管理・セキュリティマネジメント担当)取締役兼執行役員、 鈴木誠  >

アカウント統括補佐(トレーディングデスク担当)取締役兼執行役員、 永井敦  >

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2019年6月)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース
(2019年06月01日)

常務(取締役)執行役員メディアソリューション本部長、 田中雄三  >

取締役、 野沢直樹  >

退任(取締役) 鈴木誠  >

退任(取締役) 永井敦  >

退任(取締役) ジェイムス・ブルース  >

退任(取締役) 辻輝  >

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2018年3月28日)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース
(2018年09月16日)

執行役員、DACHD取締役・アイレップ取締役副社長CFO、 永井敦  >

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2018年6月26日)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース
(2018年06月26日)

取締役、執行役員、 永井敦  >

取締役、 山田覚  >

退任(取締役) 紺野俊介  >

退任(取締役) 高梨秀一  >

退任(取締役) 辻輝  >

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2017年6月26日)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告
(2017年06月26日)

COO、副社長、 相坂勇人  >

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2017年4月1日)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース
(2017年04月01日)

ソリューションサービス本部長(プロダクト開発本部長)取締役兼執行役員、 田中雄三  >

ブランドマーケティング本部長(CRO)取締役兼執行役員、 豊福直紀  >

取締役、 辻輝  >

取締役、 安藤元博  >

取締役、 ジェイムス・ブルース  >

セキュリティマネジメント室長(テクノロジーサービス本部長)執行役員、 山口哲央  >

プロダクト開発本部長(プロダクト開発本部副本部長)執行役員、 手塚圭一  >

トレーディングデスク本部長兼ブランドマーケティング本部副本部長、執行役員メディアサービス本部長、 岡部耕司  >

執行役員、経営管理本部副本部長、 貞岡裕達  >

執行役員、 北爪宏彰  >

機構改革

(1)セキュリティマネジメント室を新設
(2)テクノロジーサービス本部をソリューションサービス本部に改組
(3)ブランドマーケティング本部を新設
(4)トレーディングデスク本部を新設

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2017年3月31日)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース
(2017年03月31日)

退任(取締役) 三神正樹  >

退任(取締役) 五十嵐真人  >

退任(監査役) 野沢直樹  >

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2017年4月1日)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース
(2017年04月01日)

取締役副社長、 相坂勇人  >

取締役、 紺野俊介  >

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2017年6月26日)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース
(2017年06月26日)

CEO(COO)社長、 島田雅也  >

退任(会長) 矢嶋弘毅  >

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2016年10月3日)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース
(2016年10月03日)

会長(代表取締役兼会長執行役員)CEO、 矢嶋弘毅  >

専務(取締役兼専務執行役員)CMO、 徳久昭彦  >

専務(取締役兼専務執行役員)CFO、 大塔達也  >

取締役、執行役員戦略統括本部長、 上原直人  >

取締役、執行役員プロダクト開発本部長、 田中雄三  >

取締役、執行役員経営管理本部長、 鈴木誠  >

退任(取締役) 渡部恒弘  >

退任(取締役) 西村行功  >

退任(監査役) 西岡正紀  >

退任(監査役) 水上洋  >

グローバルアカウント開発部長(グローバルビジネス統括部長)執行役員グローバルビジネス本部長、 菅沼道彦  >

プロダクト開発本部第一データ解析部長(データ解析部長) 薩摩定壮  >

プロダクト開発本部第二データ解析部長、 那須川進一  >

プロダクト開発本部第一技術開発部長、 三瓶卓方  >

プロダクト開発本部第二技術開発部長(技術開発部長) 河原亮介  >

メディアサービス本部マーケティングソリューション局メディアソリューション部長(テクノロジープロダクトセールス部長) 東田良樹  >

メディアサービス本部データドリブンオペレーション部長、 吉田潤  >

メディアサービス本部メディアセールス局プログラマティック推進部長、 寺廻友子  >

グローバルビジネス本部グローバルビジネス統括部長、 磯前祥子  >

経営管理本部経理部長、 立石千佳  >

機構改革

〔プロダクト開発本部〕
(1)データ解析部を第一データ解析部、第二データ解析部に分割
(2)技術開発部を第一技術開発部、第二技術開発部に分割

〔メディアサービス本部〕
(1)〈マーケティングソリューション局〉
(2)テクノロジープロダクトセールス部をメディアソリューション部に改組
(3)データドリブンオペレーション部を新設

メディアセールス局プログラマティック推進部を新設

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2016年6月27日)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース社長人事
(2016年06月27日)

会長(社長)CEO、 矢嶋弘毅  >

社長(取締役兼常務執行役員)COO、 島田雅也(しまだまさや)  >

出身地:北海道

専務執行役員(常務執行役員)取締役兼CMO、 徳久昭彦  >

専務執行役員(常務執行役員)取締役兼CFO、 大塔達也  >

取締役、執行役員兼CRO、 豊福直紀  >

取締役、 西村行功  >

常勤監査役(取締役) 寺井久春  >

常勤監査役、 森嶋士郎  >

退任(常勤監査役) 進藤一馬  >

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2016年4月1日)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース
(2016年04月01日)

CRO・メディアサービス・テクノロジーサービス担当(メディアサービス本部長)執行役員、 豊福直紀  >

中国・アジアビジネス担当(中国・インドネシアビジネス担当)執行役員、 大丸充雄  >

執行役員戦略統括本部副本部長、社長室長兼内部監査室長、 北浦啓子  >

執行役員、プロダクト開発本部副本部長、 手塚圭一  >

執行役員メディアサービス本部長(メディアセールス局長) 岡部耕司  >

テクノロジーサービス本部副本部長、 秋葉典秀  >

経営管理本部副本部長、経理兼グループ経理財務・、 今村公彦  >

〔プロダクト開発本部〕

シニアマネージャー、 小林武帥  >

シニアマネージャー、 砂田和宏  >

ディレクター(Buメディアblebee社長) 串戸一浩  >

データビジネス開発、 玉村将司  >

技術開発(AudienceOne開発) 河原亮介  >

アドプロダクト開発、 金野将  >

〔メディアサービス本部〕

シニアマネージャー兼トレーディングデスク局第三トレーディングデスク(トレーディングデスク局長兼第一コミュニケーション) 佐藤翔  >

第一営業局長兼第四営業(第一営業) 佐藤直亮  >

第二営業局長兼第一営業(メディアセールス局第一メディア) 笠原有  >

第三営業局長(関西支社第二営業)関西支社長、 和田雅樹  >

トレーディングデスク局長兼第二プランニング(メディアセールス局プランニング) 谷垣宏一  >

メディアセールス局長兼第一メディア(第三メディア) 佐瀬博久  >

第一営業局第一営業、第三営業・、 大西浩平  >

第二営業局第二営業(第三営業) 垂水亮太  >

第二営業局第三営業、 真尾郁子  >

第三営業局関西支社第一営業、 坂本謙二  >

第三営業局第二営業(第一営業) 岩本英子  >

第三営業局九州支社長、 関本いづみ  >

マーケティングソリューション局ソリューションセールス(第二営業局第一営業兼第二営業) 三阪一河  >

トレーディングデスク局第一プランニング(パフォーマンス推進) 津田宗昭  >

トレーディングデスク局第一トレーディングデスク、 正地隆尚  >

トレーディングデスク局第二トレーディングデスク、 冨田真吾  >

メディアセールス局第三メディア、 熊田聡  >

テクノロジーサービス本部第一システム開発(システム開発) 鈴木岳大  >

テクノロジーサービス本部第二システム開発、 紙田拓弥  >

グローバルビジネス本部グローバルアライアンス戦略、 一色健人  >

経営管理本部情報システム、 森永悠太  >

アイレップに出向(メディアサービス本部副本部長兼第二営業局長) 大山孝  >

アイレップに出向、 木村洋平  >

アイレップに出向(メディアサービス本部メディアセールス局第五メディア) 佐藤允  >

機構改革

〔プロダクト開発本部〕
(1)ビッグデータ解析部をデータ解析部に改称
(2)データビジネス開発部を新設
(3)FlexOne開発部、AudienceOne開発部を統合し、技術開発部を新設
(4)AD―Viサービスor開発部をXメディアediaOne開発部に、アドプロダクト開発室をアドプロダクト開発部に改称

〔メディアサービス本部〕
第三営業局を新設し、関西支社、中部支社、九州支社を設置

(1)〈トレーディングデスク局〉
(2)メディアセールス局のプランニング部を移管し、第一プランニング部、第二プランニング部に分割
(3)メディアセールス局の第五メディア部を移管し、第一トレーディングデスク部に改称
(4)パフォーマンス推進部を第二トレーディングデスク部に改称
(5)第一コミュニケーション部~第三コミュニケーション部を統合し第三トレーディングデスク部を新設

(1)テクノロジーサービス本部のFlexOne推進部をアドサーバー事業推進部に改称
(2)テクノロジーサービス本部のシステム開発部を第一システム開発部、第二システム開発部に分割

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2015年10月1日)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース
(2015年10月01日)

アナリティクスプロダクト部マネージャー、執行役員テクノロジーサービス本部長、 山口哲央  >

メディアサービス本部マーケティングソリューション局シニアマネージャー兼ソリューションセールス部マネージャー(テクノロジーサービス本部データドリブンマーケティング部マネージャー) 竹内哲也  >

グローバルメディア部マネージャー、メディアサービス本部メディアセールス局第二メディア部マネージャー、 井上孝恵  >

機構改革

(1)メディアサービス本部にマーケティングソリューション局を新設し、ソリューションセールス部、テクノロジーサービス本部のソリューション営業部を改称したテクノロジープロダクトセールス部を設置
(2)テクノロジーサービス本部にアナリティクスプロダクト部を新設し、サービスマネジメント部、データドリブンマーケティング部を廃止

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2015年7月1日)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース
(2015年07月01日)

執行役員、グローバルビジネス本部長、 菅沼道彦  >

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2015年6月24日)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース
(2015年06月24日)

取締役(監査役) 渡部恒弘  >

同、 五十嵐真人  >

監査役、 水上洋  >

退任(取締役) 今泉智幸  >

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2015年4月1日)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース
(2015年04月01日)

グローバルビジネス統括担当、代表取締役兼社長執行役員兼CEO、 矢嶋弘毅  >

DACアジア担当(ASEANビジネス担当)取締役兼執行役員、 寺井久春  >

グローバルビジネス統括担当補佐(グローバル戦略推進室M)執行役員戦略統括本部長、 上原直人  >

中国・インドネシアビジネス担当(グローバルビジネス担当)執行役員、 大丸充雄  >

グローバルビジネス本部長兼グローバルアライアンス戦略部M、 菅沼道彦  >

プロダクト開発本部副本部長(ビッグデータ解析部M) 手塚圭一  >

同本部シニアM、FlexOne開発部M、 黒田英二  >

同本部ビッグデータ解析部M、 薩摩定壮  >

同AD―Visor開発部M、 斎藤充  >

メディアサービス本部第一営業局シニアM兼第四営業部M、 鈴木祐宏  >

同局第二営業部M、 井上武宣  >

同パフォーマンス推進部M、 津田宗昭  >

メディアサービス本部第二営業局第一営業部M(第二営業部M) 佐々木悠哉  >

同第二営業部M(第一営業局第二営業部M) 三阪一河  >

メディアサービス本部中部支社長、 小川大  >

同メディアセールス局シニアM(第一営業局第四営業部M) 岡部耕司  >

同局第四メディア部M、 中本大介  >

同第五メディア部M(プログラマティック推進局第三推進部M) 佐藤允  >

テクノロジーサービス本部データドリブンマーケティング部M、 竹内哲也  >

グローバルビジネス本部グローバルビジネス統括部M兼メディアサービス本部グローバルメディア部M、 和泉美那  >

経営管理本部シニアM、グループ経理財務、 部M今村公彦  >

同本部法務部M、 田付慎治  >

機構改革

(1)グローバル戦略推進室を改組し、グローバルビジネス本部とする
(2)同本部にグローバルアライアンス戦略部、グローバルビジネス統括部を設置
(3)プロダクト開発本部AD―Visor開発部を新設

〔メディアサービス本部〕
(1)プログラマティック推進局の第一推進部を第一営業局に移管し、パフォーマンス推進部とする
(2)同局の第三推進部をメディアセールス局に移管し、第五メディア部とする
(3)プログラマティック推進局を廃止
(4)グローバルメディア部を新設

テクノロジーサービス本部のソリューション推進部をデータドリブンマーケティング部に改称

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2014年4月1日)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース
(2014年04月01日)

最高経営責任者(インキュベーション統括)代表取締役兼社長執行役員、 矢嶋弘毅  >

常務執行役員兼最高執行責任者(執行役員営業統括)取締役、 島田雅也  >

同兼最高マーケティング責任者プロダクト開発担当(同e―B統括兼ビッグデータ開発U長)同、 徳久昭彦  >

同兼最高財務責任者リスク管理担当兼戦略統括本部投資事業推進室M(執行役員)同、 大塔達也  >

ASEAN・B担当(リスク管理担当兼グローバルB推進U長兼内部監査室M)同兼執行役員、 寺井久春  >

最高レベニュー責任者兼メディアS・テクノロジーS担当(メディア統括兼ネットB開発U長)同兼執行役員、 高梨秀一  >

メディアS本部長(メディア本部長)執行役員、 豊福直紀  >

プロダクト開発本部長兼アドプロダクト開発室M(営業本部長)同、 田中雄三  >

グローバル戦略推進室M、執行役員戦略統括本部長、 上原直人  >

グローバルB担当、執行役員、 大丸充雄  >

執行役員、テクノロジーS本部長兼ソリューション営業部M、 山口哲央  >

メディアS本部副本部長(メディア本部副本部長) 大山孝  >

経営管理本部副本部長、人事総務部M兼情報システム部M、 貞岡裕達  >

〔プロダクト開発本部〕

シニアディレクター兼ビッグデータ解析部M(e―B本部副本部長兼データ分析部M) 遠矢行史  >

シニアM(同本部シニアM兼テクノロジー戦略部M) 菅沼道彦  >

ディレクター、 小林武帥  >

同、 木村洋平  >

同(ネットB開発UM) 砂田和宏  >

広告技術研究室M(e―B本部広告技術研究室M) 永松範之  >

テクノロジー戦略部M(同システム開発部M) 岡本英輔  >

AudienceOne開発部M(ビッグデータ開発UM) 河原亮介  >

FlexOne開発部M、 黒田英二  >

〔メディアS本部〕

第一営業局長、 岡部耕司  >

第二営業局長、 佐々木悠哉  >

プログラマティック推進局長(営業本部第二営業部M) 鈴木祐宏  >

メディアセールス局長兼第四メディア部M(同第六営業部M) 星合知長  >

関西支社長(同関西支社長兼第一営業部M) 和田雅樹  >

第一営業局第一営業部M、 佐藤直亮  >

同第二営業部M(第三営業部M) 三阪一河  >

同第三営業部M(第一営業部M) 横山雅誉  >

同第四営業部M(メディア本部第四メディア部M) 脇幸大  >

第二営業局第一営業部M(営業本部第七営業部M) 近藤和政  >

同第二営業部M(同第八営業部M) 斎藤健  >

同第三営業部M、 垂水亮太  >

関西支社第一営業部M、 岩本英子  >

同第二営業部M(営業本部関西支社第二営業部M) 関本いづみ  >

中部支社長、 田中聡  >

九州支社長(営業本部第五営業部M) 中川義久  >

プログラマティック推進局第一推進部M(同パフォーマンスマーケティング部M) 冨田真吾  >

同第二推進部M(同トレーディングデスク部M) 正地隆尚  >

同第三推進部M(メディア本部第三メディア部M) 村上祐  >

メディアセールス局M(同第五メディア部M) 佐藤允  >

同プランニング部M、 谷垣宏一  >

同第一メディア部M(メディア本部第一メディア部M) 笠原有  >

同第二メディア部M(同第二メディア部M) 井上孝恵  >

同第三メディア部M(同スマートデバイス業務推進部M) 佐瀬博久  >

〔テクノロジーS本部〕

シニアM、インフラ開発部M、 浅野正隆  >

システム開発部M(e―B本部ソリューション推進部M) 鈴木岳大  >

ソリューション推進部M(同プロダクト&S開発部M) 矢戸政法  >

Sマネジメント部M、 田伏毅浩  >

経営管理本部ディレクター、 森田納生  >

同本部経理部M、 小柳昇  >

同グループ経理財務部M、 今村公彦  >

戦略統括本部社長室M兼内部監査室M、 北浦啓子  >

機構改革

(1)プロダクト開発本部を新設
(2)営業本部、メディア本部を統合し、メディアサービス本部とする
(3)e―ビジネス本部をテクノロジーサービス本部に改称
(4)インキュベーションユニットを廃止
(5)プロダクト開発本部にビッグデータ開発ユニットを設置
(6)グローバル戦略推進室を新設
(7)戦略統括本部投資事業推進室を新設

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2014年1月1日)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース
(2014年01月01日)

経営管理本部長(経営管理本部副本部長)執行役員、 鈴木誠  >

同本部情報システム部マネージャー、人事総務部マネージャー、 貞岡裕達  >

【人事】デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(2013年10月1日)
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
ⅱ.広告ⅲ.インターネット・Eコマース
(2013年10月01日)

第二営業部M、 鈴木祐宏  >

第六営業部M、 星合知長  >

シニアM(第八営業部M) 佐々木悠哉  >

同、 小林武帥  >

第八営業部M、 斎藤健  >

〔メディア本部〕

シニアM、 岡部耕司  >

メディア企画推進部M(スマートデバイス業務推進部M) 上田周平  >

スマートデバイス業務推進部M、 佐瀬博久  >

第一メディア部M(第四メディア部M) 笠原有  >

第二メディア部M、 井上孝恵  >

第三メディア部M、 村上祐  >

第四メディア部M(第一メディア部M) 脇幸大  >

〔e―ビジネス本部〕

本部長兼ソリューション営業部M、 山口哲央  >

データ分析部M、副本部長、 遠矢行史  >

プロダクト&サービス開発部M、 矢戸政法  >

お知らせ 以下のように出ました。

     5ちゃんねるで有名になったのでしょうか?良く分かりません。

     異議があれば郵便で申し入れてもらえれば、いつでも、【対面】で話し合いの用意はあります。

     しかし、今まで不思議と一言も何も言ってこないので、「もっと広めて欲しい」という

     意思表示と受け取っています。

2022卒/2023/2024卒 マスコミ業界・広告業界 、全業界 理系文系別 就職偏差値、就職難易度ランキング

「五輪中止 弱者の声代弁 ノンフィクション作家 元博報堂社員本間龍さん」 博報堂と本間龍氏は実は退職後の今もズブズブ ホ…

2022卒/2023/2024卒 マスコミ業界・広告業界 、全業界 理系文系別 就職偏差値、就職難易度ランキング

2022卒/2023/2024卒 マスコミ業界・広告業界 、全業界 理系文系別 就職偏差値、就職難易度ランキング

博報堂DYグループ上層部の方へ 各種不正告発記事ですが、再度公開しました 再度、自分の実名で検索するとネットに再表示され…

2022卒/2023/2024卒 マスコミ業界・広告業界 、全業界 理系文系別 就職偏差値、就職難易度ランキング

2022卒/2023/2024卒 マスコミ業界・広告業界 、全業界 理系文系別 就職偏差値、就職難易度ランキング

翌日、A子さんは博報堂のハラスメント相談窓口に通報した。すると……、 「その日から自宅待機を命じられました」(同前) こ…

2022卒/2023/2024卒 マスコミ業界・広告業界 、全業界 理系文系別 就職偏差値、就職難易度ランキング

博報堂DYグループのようなブラック企業/反社会的組織を一掃するためには世論が高まることが重要です。 世論喚起のためには、…

文春オンライン情報提供フォーム